STEP6 代表社員と業務執行社員を決める|やさしく解説!会社設立

会社設立・経営サポートセンター【全国対応】

STEP6 代表社員と業務執行社員を決める

 

◇(ト)代表社員・業務執行社員

社員が決まったら、次は社員の中から業務執行社員を選び、さらに業務執行社員の中から代表社員を選びます。社員が一人の場合は、自動的に社員兼業務執行社員兼代表社員になります。


◇業務執行社員を決める

社員の中には、「出資はするけれども経営にはタッチしない」という人がいる場合があります。そのような場合、社員の中で実際に会社の経営に関わる人を業務執行社員にします。もし社員全員が経営に関与する場合には、全員が業務執行社員となります。


◇代表社員を決める

代表社員というのは、株式会社における代表取締役と同じ役割で、合同会社に業務執行社員が複数いる場合には、その中から代表社員を1名選びます。(業務執行社員が1名の場合には、その方が自動的に代表社員となります。)普通は代表社員=社長となります。代表社員は、法律上は1名でなくとも、それこそ業務執行社員全員が代表社員でも構わないのですが、そうすると取引先などの外部から見て社長がたくさんいるような状態になってしまい混乱します。よほどの大企業でない限り1名だけを選ぶことをおすすめします。

代表社員と業務執行社員が決まったら、チェックシート(ト)の①に代表社員の②以降にはその他の業務執行社員の氏名と住所を記入して下さい。

 

これでチェックシートの欄がすべて埋まったと思います。これで基本事項の決定は終了です!お疲れさまでした。

 


当社にまかせると法定費用が40,000円安くなる!
今なら39円で会社設立できるサンキューキャンペーン実施中
よくあるご質問
特定商取引法に基づく表示
運営者情報
対応エリアは全国です!

日本全国よりご依頼いただき、2000件超の実績があります!
過去に依頼実績がある地域はこちら
【北海道地方】北海道
【東北地方】青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県
【関東地方】茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県
【中部地方】新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県
【近畿地方】三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
【中国地方】鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
【四国地方】徳島県,香川県,愛媛県,高知県
【九州地方】福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県
【沖縄地方】沖縄県

おかげさまで全都道府県からの依頼を受けることができました。

比較・解説!本当に会社で いいですか?起業時に使える各種法人のメリット・デメリット
選択制顧問サービス「七人の士(サムライ)」
法律サービスであなたのチカラに!